e-Taxで確定申告

確定申告の手続きはこれまでは書面によって行われてきましたが、最近はその手続きをインターネットでできるようになりました。
このシステムは、e-Tax(イータックス)と呼ばれています。

1.所得税の確定申告をすることができます。
  自宅や事務所で、インターネットを利用して確定申告ができるので、税務署にわざわざ行かなくてもすむようになりました。
2.申告、届出ができます。
  青色申告の承認申請、電子納税証明書の交付請求、納税地の移動届出などができます。
3.納税ができます。
  インターネットバンキングやモバイルバンキングで、納税できます。

さらに、市販の財務会計ソフトでe-Taxに対応したものがあり、それを利用すれば、経理、決算、申告書の作成、提出、納税が全てパソコンで処理できることとなります。

税理士、税理士法人を通じて、e-Taxを利用することも可能です。

e-Taxを利用するには、税務署の窓口または国税庁のホームページにある、開始届出書を提出(送信)することが必要になります。
開始届出書は、納税地を所轄する税務署長あてに提出(送信)しますが、書面で提出する方法とオンラインで国税庁ホームページより提出する方法があります。

開始届出書の内容が確認されたら、税務署より利用者認識番号が発行されます。

e-Taxのソフトは、国税庁ホームページのe-Taxコーナーよりダウンロードできますので、それをインストールします。
CD-ROMもあります。そちらを希望する場合は、国税庁に連絡して確認します。

e-Taxを利用する際に必要な電子証明書を登録します。
具体的な取得方法や費用は、各電子証明書の発行機関にお問い合わせください。